依遅ヶ尾山

合計距離: 3.29 km
最高点の標高: 539 m
最低点の標高: 173 m
累積標高(上り): 366 m
累積標高(下り): -366 m
Download file: ichigaoyama.gpx
ホーム > 京都府・奈良県 > 依遅ヶ尾山
  • 山行日:2020年06月21日

    コースタイム

    7:33依遅ヶ尾山登山口→8:03山頂まで700m地点→8:31依遅ヶ尾山
    →8:47下山開始→9:01山頂まで700m地点→9:17依遅ヶ尾山登山口

    距離:1.6km(片道)
    登:1.0時間 下:0.5時間

    注意事項:

    アプローチ: [GoogleMap 依遅ヶ尾山登山口]

    >この山行記録のブログ記事はこちら

    明日 2024年02月23日 この山付近の天気
    時間 00:00 03:00 06:00 09:00 12:00 15:00 18:00 21:00
    天気
    気温 3.6℃ 3.5℃ 3.5℃ 3.8℃ 4.2℃ 4.1℃ 3.7℃ 3.5℃
    風速 6.6m 6.5m 7.2m 6.6m 7.1m 6.5m 8.9m 8.1m
  • 依遅ヶ尾山登山口。立派な看板と駐車できる場所がある

    依遅ヶ尾山登山口。立派な看板と駐車できる場所がある

  • ここから入山していく

    ここから入山していく

  • 湿った草が結構生えててこの道を通っていると靴が汚れた

    湿った草が結構生えててこの道を通っていると靴が汚れた

  • なんか左側に入れるところがあったけど、これは一体何だろうか?

    なんか左側に入れるところがあったけど、これは一体何だろうか?

  • 山頂まで1200mの距離と結構楽かも

    山頂まで1200mの距離と結構楽かも

  • 山頂まであと700m。こういうプレートが設置されているのは親切だ

    山頂まであと700m。こういうプレートが設置されているのは親切だ

  • 山頂まであと500m地点。ひたすらこんな道が続いていく

    山頂まであと500m地点。ひたすらこんな道が続いていく

  • この大きな岩の先が明るくなっている。おそらく山頂だろうと思った

    この大きな岩の先が明るくなっている。おそらく山頂だろうと思った

  • 草原地帯のようなところに出てピークが見えた

    草原地帯のようなところに出てピークが見えた

  • これは何か祀られてるんだろうか!?山頂の三角点はこれよりちょっと先になる

    これは何か祀られてるんだろうか!?山頂の三角点はこれよりちょっと先になる

  • 依遅ヶ尾山の山頂三角点。これだけがポツンとあったけど、山頂プレートなど何もなかった

    依遅ヶ尾山の山頂三角点。これだけがポツンとあったけど、山頂プレートなど何もなかった

  • 三角点より少し北側に行くと日本海が望めた。この先の2本の木のところがいい展望スポットだった

    三角点より少し北側に行くと日本海が望めた。この先の2本の木のところがいい展望スポットだった

  • 日本海側の景色をパノラマにしてみた

    日本海側の景色をパノラマにしてみた

  • 雪村あおいちゃんと景色を撮影してみた

    雪村あおいちゃんと景色を撮影してみた

  • 右側にも展望があって山が見えるけど、何の山が見えてるのかわからない

    右側にも展望があって山が見えるけど、何の山が見えてるのかわからない

  • 三角点と雪村あおいちゃんを撮影しておいた

    三角点と雪村あおいちゃんを撮影しておいた

  • 山頂看板を探しているとさっきの何か祀られてるところの屋根の上にあった

    山頂看板を探しているとさっきの何か祀られてるところの屋根の上にあった

  • 山頂看板と雪村あおいちゃんを撮影しておいた

    山頂看板と雪村あおいちゃんを撮影しておいた

  • さて、次があるので下山を開始。こっち側も日本海が見えるのね

    さて、次があるので下山を開始。こっち側も日本海が見えるのね

  • 依遅ヶ尾山登山口まで下ってきた。じゃあ次の山へレッツゴー

    依遅ヶ尾山登山口まで下ってきた。じゃあ次の山へレッツゴー

新型コロナが落ち着いて県をまたぐ移動が可能となったので、関西百名山である京丹後の依遅ヶ尾山に行ってきました。家からかなり遠い場所だったんですが、どうしても日本海が見たかったので朝早く出発しました。依遅ヶ尾山登山口は駐車できる場所があったのでちょうどよかったです。ここは1時間ほどのコースだったのでスイスイと登っていくことができました。登山口からしばらくは結構草のある道が続いて靴が汚れました。急登などなく登山道もしっかり踏み跡があるので迷うこともなくスムーズに登ることができました。山頂はプレートが見つからず三角点だけでしたが、何かが祀られてるところの屋根の上に山頂看板がありました。山頂より少し北側に行ったところから日本海が一望できました。この次に山をハシゴする予定だったので少し山頂で休憩してさっさと下山しました。手軽に登れる山で日本海も一望できるのでオススメです。

>この山行記録のブログ記事はこちら