青葉山

合計距離: 8.04 km
最高点の標高: 698 m
最低点の標高: 107 m
累積標高(上り): 724 m
累積標高(下り): -724 m
Download file: aobayama.gpx
ホーム > 京都府・奈良県 > 青葉山
  • 山行日:2020年08月20日

    コースタイム

    6:57松尾寺駐車場→7:06登山口→8:33青葉山西峰
    →9:08行動開始→9:34青葉山東峰→10:17展望台
    →10:44高野分岐→10:55高野登山口→11:15松尾寺駐車場

    距離:7.8km
    全:5.0時間行程

    注意事項:

    アプローチ: [GoogleMap 松尾寺駐車場]

    >この山行記録のブログ記事はこちら

    明日 2024年02月23日 この山付近の天気
    時間 00:00 03:00 06:00 09:00 12:00 15:00 18:00 21:00
    天気
    気温 3.6℃ 3.6℃ 3.4℃ 3.9℃ 4.4℃ 4.3℃ 4℃ 3.8℃
    風速 5.2m 6.9m 6.8m 7.5m 6.9m 7.7m 8.9m 8.4m
  • 松尾寺第1駐車場に車をとめてスタート。参拝者だけでなく登山者も駐車して大丈夫らしい

    松尾寺第1駐車場に車をとめてスタート。参拝者だけでなく登山者も駐車して大丈夫らしい

  • 松尾寺の本堂にあがっていくが、先に駐車料金500円を支払いに左の受付に行った

    松尾寺の本堂にあがっていくが、先に駐車料金500円を支払いに左の受付に行った

  • 松尾寺の本堂。登山口は本堂を向かって右側の奥にある

    松尾寺の本堂。登山口は本堂を向かって右側の奥にある

  • ここが登山口で階段を登って入山する

    ここが登山口で階段を登って入山する

  • ここで分岐だけど地図からしても右に登っていく

    ここで分岐だけど地図からしても右に登っていく

  • ここも分岐で青葉山山頂まで1.8kmとなっている。この山頂は西峰なのか東峰なのかわからない

    ここも分岐で青葉山山頂まで1.8kmとなっている。この山頂は西峰なのか東峰なのかわからない

  • 登山道は少し荒れた感じはあるけど踏み跡はしっかりある

    登山道は少し荒れた感じはあるけど踏み跡はしっかりある

  • なだらかな登りが続いていくけど地図をみるとこの先に急登が待っている

    なだらかな登りが続いていくけど地図をみるとこの先に急登が待っている

  • これは鳥居が壊れたあとなのだろうか。こういうのは初めてみたけど鳥居って組み立て式なのかな!?

    これは鳥居が壊れたあとなのだろうか。こういうのは初めてみたけど鳥居って組み立て式なのかな!?

  • ここから急登がはじまる。暑さはないけどスローペースで登っていくようにする

    ここから急登がはじまる。暑さはないけどスローペースで登っていくようにする

  • ロープ場があった。こういう少し急登なところを登ってはつづら折れの道の連続になる

    ロープ場があった。こういう少し急登なところを登ってはつづら折れの道の連続になる

  • 再びロープ場だけど、ほとんどロープは使ってないんだよね

    再びロープ場だけど、ほとんどロープは使ってないんだよね

  • 階段がでてきた。この階段がでてきたらもうすぐ尾根に到着する

    階段がでてきた。この階段がでてきたらもうすぐ尾根に到着する

  • 尾根に取り付くと石灯籠があって何か祀られているような感じだった。ちなみにここからは尾根道になる

    尾根に取り付くと石灯籠があって何か祀られているような感じだった。ちなみにここからは尾根道になる

  • 地図上では青葉山西峰なんだけど小屋があった。西峰の山頂はこの後ろにある岩上だと気づいた

    地図上では青葉山西峰なんだけど小屋があった。西峰の山頂はこの後ろにある岩上だと気づいた

  • 青葉山西峰(692m)に到着。見事な青空で素晴らしい

    青葉山西峰(692m)に到着。見事な青空で素晴らしい

  • 青葉山西峰から南側の展望。どちらかというと下のほうが展望が良かったので後でパノラマを撮影する

    青葉山西峰から南側の展望。どちらかというと下のほうが展望が良かったので後でパノラマを撮影する

  • 北側の日本海側。独特の地形と日本海と青空が素晴らしい

    北側の日本海側。独特の地形と日本海と青空が素晴らしい

  • ここからドローンによる空撮

    ここからドローンによる空撮

  • これから行く青葉山東峰のピークが見える。空撮なら見えるんだね

    これから行く青葉山東峰のピークが見える。空撮なら見えるんだね

  • こっち方面も空撮じゃないと見ることができないんだけど、こっちも海が見えてるのかな!?

    こっち方面も空撮じゃないと見ることができないんだけど、こっちも海が見えてるのかな!?

  • 空撮で日本海を撮影してみたが、これは普通の写真と同じだね

    空撮で日本海を撮影してみたが、これは普通の写真と同じだね

  • せっかくなので青葉山西峰で雪村あおいちゃんを撮影しておいた

    せっかくなので青葉山西峰で雪村あおいちゃんを撮影しておいた

  • 青葉山西峰の下の小屋あたりから見た南側の景色。ここのほうが南側はよく見えていた

    青葉山西峰の下の小屋あたりから見た南側の景色。ここのほうが南側はよく見えていた

  • さて、青葉山山頂ともいうべき東峰へ向かう。ここからは尾根道が続く

    さて、青葉山山頂ともいうべき東峰へ向かう。ここからは尾根道が続く

  • 途中にあった岩のトンネル。入ってみたけど別に珍しい感じはなかった

    途中にあった岩のトンネル。入ってみたけど別に珍しい感じはなかった

  • 東峰まではアップダウンが続くけど、階段だらけのこういうのは双門ルートを思い出す

    東峰まではアップダウンが続くけど、階段だらけのこういうのは双門ルートを思い出す

  • ここは細尾根の岩場を歩くんだけど踏み外すと滑落になるので注意して歩いた。とはいってもそんなに怖くない

    ここは細尾根の岩場を歩くんだけど踏み外すと滑落になるので注意して歩いた。とはいってもそんなに怖くない

  • ロープ場があって山頂かと思ったらまだこれを登った先になる

    ロープ場があって山頂かと思ったらまだこれを登った先になる

  • 青葉山神社に到着。この辺に青葉山東峰の看板やプレートがあったけど、本当の山頂はこの神社横のピークになる

    青葉山神社に到着。この辺に青葉山東峰の看板やプレートがあったけど、本当の山頂はこの神社横のピークになる

  • 青葉山東峰(693m)に到着。本当の山頂ともいうべきところはただ看板があるだけでなんもなかった

    青葉山東峰(693m)に到着。本当の山頂ともいうべきところはただ看板があるだけでなんもなかった

  • せっかくなので青葉山東峰でも雪村あおいちゃんを撮影しておいた

    せっかくなので青葉山東峰でも雪村あおいちゃんを撮影しておいた

  • ここから展望台のほうへ下っていく。展望台まで1.1kmだけどひたすら下りなのですぐかも

    ここから展望台のほうへ下っていく。展望台まで1.1kmだけどひたすら下りなのですぐかも

  • 下りの登山道はよく整備されていて階段が続く

    下りの登山道はよく整備されていて階段が続く

  • ここで馬の背というところがあったので立ち寄ってみることにした

    ここで馬の背というところがあったので立ち寄ってみることにした

  • これが馬の背なんだろう。岩の上から展望はあるけど、さっきの西峰で撮影したのでもういいかな

    これが馬の背なんだろう。岩の上から展望はあるけど、さっきの西峰で撮影したのでもういいかな

  • 展望台まで下ってきた。ここで少し休憩することにした

    展望台まで下ってきた。ここで少し休憩することにした

  • 東側の展望。海岸があって向こう側に何か見える

    東側の展望。海岸があって向こう側に何か見える

  • ズームして撮影してみると右奥のほうに原発みたいなのが見えるけど、あれが高浜原発かな!?

    ズームして撮影してみると右奥のほうに原発みたいなのが見えるけど、あれが高浜原発かな!?

  • ズームして漁港を撮影してみた。神野浦あたりにある漁港かな!?

    ズームして漁港を撮影してみた。神野浦あたりにある漁港かな!?

  • 展望台から少し下っていくとなんかの施設があった。電波塔か何かかな!?

    展望台から少し下っていくとなんかの施設があった。電波塔か何かかな!?

  • ここが高野分岐で高野登山口に下るので右に下りていく

    ここが高野分岐で高野登山口に下るので右に下りていく

  • 竹藪地帯になると登山道は荒れていて少々迷いやすいかもしれない

    竹藪地帯になると登山道は荒れていて少々迷いやすいかもしれない

  • 高野登山口まで下ってきた。こっちから登ったほうがよかったかも

    高野登山口まで下ってきた。こっちから登ったほうがよかったかも

  • 道路に出ると急に気温があがって灼熱地獄になった。道路をてくてく歩いていくが熱中症になりそうでバテていた

    道路に出ると急に気温があがって灼熱地獄になった。道路をてくてく歩いていくが熱中症になりそうでバテていた

  • 途中で地元の人が軽トラで松尾寺まで送ってくれて駐車場に到着。暑かったけど満足できた。本日もお疲れ様でした

    途中で地元の人が軽トラで松尾寺まで送ってくれて駐車場に到着。暑かったけど満足できた。本日もお疲れ様でした



青空で猛暑ですが、どこかの山に行ってドローンで空撮したいと思っていました。ヤマビルが多い山や遠い山などいろいろあったのですが、その中で関西百名山の一つである青葉山で日本海を見に行こうと思いました。もちろん暑さは覚悟していたのですが、朝早くてまだ気温がそこまで高くない時だったので暑さはそこまで感じませんでした。地図を見るとわかるのですが、途中から急登になっているのですが、ここはつづら折れの道になっていて予想より楽に登れました。とはいえ、ここはペースが乱されるのでスローペースでないと息がすぐ切れてしまいます。ドローンでの空撮は青葉山西峰の狭い山頂でフライトしましたが、青空での綺麗な日本海を撮影できてよかったです。そのまま青葉山東峰へピークハントしましたが、東峰は青葉神社があるだけで展望も何もありません。下山は高野登山口まで下って道路歩きすることにしました。途中で展望台があって高浜原発の方面の展望があったのですが、ここではあまりドローンで空撮する意味がなかったのでしませんでした。高野登山口へ下って道路に出て歩いていると灼熱地獄が待っていました。松尾寺までは歩いて1時間ほどかかるのですが、道路は坂道になっていて照り付ける太陽の下、もういつ熱中症になってもおかしくない感じでヘトヘトでした。そんな時、道路を歩いてる途中で地元の軽トラの人に声をかけられて、松尾寺まで車に乗せていってあげると言われました。ラッキーだと思ってそのまま松尾寺まで軽トラに乗せてもらいました。本当に有難くて感謝です。あのまま道路を歩いていたら暑さでバテていたと思います。青葉山は以前からずっと登ってみたい山だったのですが、夏の青空の中で日本海が見れたりしたので最高の山行となりました。青葉山に登るのであれば必ず西峰も登らないと意味がないと思います。最後は灼熱地獄の山行になりましたが、登れたことで満足することができました。

>この山行記録のブログ記事はこちら