大岳山

大岳山地図
ホーム > 東京都・神奈川県 > 大岳山
  • 山行日:2011年11月20日

    コースタイム

    10:25ケーブルカー御岳山駅→11:10七代ノ滝→12:00ロックガーデン
    →12:20綾広ノ滝→12:35→大岳山分岐→13:00大岳道分岐
    →13:25大岳山荘→13:40大岳山山頂→14:10下山開始
    →15:20御岳神社→15:45ケーブルカー御岳山駅

    距離:9.2km
    全:5時間30分行程

    注意事項:

    アプローチ: 電車、バスなどの交通機関のみ、JR御嶽駅より西東京バスでケーブル下で下車、そのまま道路を登っていくと御岳山のケーブル駅がある。

    >この山行記録のブログ記事はこちら

  • ケーブルカー御岳山駅からスタート。これなんて書いているんだろう?

    ケーブルカー御岳山駅からスタート。これなんて書いているんだろう?

  • 展望はガスっているというより雲が多い

    展望はガスっているというより雲が多い

  • あの尖った山は鋸山かな!?とりあえず先を進む

    あの尖った山は鋸山かな!?とりあえず先を進む

  • 七代の滝。今回は大岳山に直接向かうのではなくてロックガーデンをまわって行く

    七代の滝。今回は大岳山に直接向かうのではなくてロックガーデンをまわって行く

  • 天狗岩というらしい。記憶にないが確かこれを登るんだっけかな

    天狗岩というらしい。記憶にないが確かこれを登るんだっけかな

  • 沢筋、ロックガーデンを歩いていくが七代の滝よりあまり面白みがない

    沢筋、ロックガーデンを歩いていくが七代の滝よりあまり面白みがない

  • 再び滝があったけど、名前あるのかな!?

    再び滝があったけど、名前あるのかな!?

  • この滝はなんか祭られているんだろうか。小さい滝なんだけどね

    この滝はなんか祭られているんだろうか。小さい滝なんだけどね

  • 沢筋が終わって分岐。立派な東屋もあるけどちょっとした休憩場所といった感じだった

    沢筋が終わって分岐。立派な東屋もあるけどちょっとした休憩場所といった感じだった

  • ここから大岳山を目指す。沢筋が結構長かったけど、母も体力的にまだいけるらしい

    ここから大岳山を目指す。沢筋が結構長かったけど、母も体力的にまだいけるらしい

  • 大岳山直下まではこういったなだらかな道が続く。歩いていて楽だね

    大岳山直下まではこういったなだらかな道が続く。歩いていて楽だね

  • 山頂直下は少し急登があったものの奥多摩三山の大岳山(1266.5m)に到着

    山頂直下は少し急登があったものの奥多摩三山の大岳山(1266.5m)に到着

  • 大岳山山頂三角点もあり

    大岳山山頂三角点もあり

  • 奥多摩三山というのと暇だったのもあったので、記念撮影をとってもらった

    奥多摩三山というのと暇だったのもあったので、記念撮影をとってもらった

  • 展望はあるけどガスがすごい。雲に隠れて山々がとぎれとぎれに見える

    展望はあるけどガスがすごい。雲に隠れて山々がとぎれとぎれに見える

  • 雲の隙間から富士山はちゃんと見ることができた。これちょっとズーム気味で撮影している

    雲の隙間から富士山はちゃんと見ることができた。これちょっとズーム気味で撮影している

  • さて、そろそろ御岳山に戻る。ケーブルカーの時間もあるしね

    さて、そろそろ御岳山に戻る。ケーブルカーの時間もあるしね

  • 下山時、完全にガスってしまった。まあ視界がなくなるほどのガスじゃないけど・・・

    下山時、完全にガスってしまった。まあ視界がなくなるほどのガスじゃないけど・・・

  • ガスの中で日が差して神秘的な光景を望むことができた

    ガスの中で日が差して神秘的な光景を望むことができた

  • 御岳山付近に戻ると、行きは気づかなかったけどすっかり紅葉になっていた

    御岳山付近に戻ると、行きは気づかなかったけどすっかり紅葉になっていた

前回は御岳山から日出山へ行ったのですが、今回は奥多摩三山の大岳山に登ってきました。同行者(母)がいたので、ペースはちょっと遅めです。今回は、前回にいけなかったロックガーデンや綾広ノ滝を経由して大岳山に登り、ピストンして御岳山ロープウェイに戻るコースでした。七代ノ滝~ロックガーデン~綾広ノ滝までは人気なのか人であふれていました。そこから大岳山へのコースよりぱったり人が途絶えた感じです。大岳山山頂は最初、ガスっていて何も見えませんでしたが、少し時間が経つと景色が見えてきて、富士山まで見えました。ガスの動きで見えなくなったりしましたが、なんとか景色も見えて、雲海ぽい景色が見れたのでよかったです。 大岳山荘付近と大岳山山頂付近、岩場が多くで鎖場もあり雨上がりは滑りやすいです。また、その付近は道も細いので滑落注意。

>この山行記録のブログ記事はこちら