武奈ヶ岳2018


[地図提供:古都コト京都]
武奈ヶ岳2018標高図
[国土地理院地図]  [GPX download]
※GPXログのルートは必ずしも正確とは言えません
ホーム > 滋賀県・比良山地 > 武奈ヶ岳2018
  • 山行日:2018年03月04日

    コースタイム

    7:57坊村明王院→9:06P846→10:02御殿山
    →10:23ワサビ峠→11:03武奈ヶ岳→11:46下山開始
    →12:26御殿山→14:01坊村明王院

    距離:4km(片道)
    登:3時間 下:2.5時間

    注意事項:

    アプローチ: 葛川市民センター駐車場

    >この山行記録のブログ記事はこちら

    明日 2022年12月04日 この山付近の天気
    時間 00:00 03:00 06:00 09:00 12:00 15:00 18:00 21:00
    天気
    気温 2.3℃ 2.2℃ 2.4℃ 4.4℃ 4.1℃ 5.2℃ 4.2℃ 3.5℃
    風速 1.3m 0.9m 0.7m 1.3m 1.4m 4.2m 4.4m 3.1m
  • 坊村の駐車場に車を停めてスタート

    坊村の駐車場に車を停めてスタート

  • 曙橋を渡ります

    曙橋を渡ります

  • さて、登山口にいきますか

    さて、登山口にいきますか

  • この橋を渡ると登山口

    この橋を渡ると登山口

  • 最初は相変わらずの急登が続く

    最初は相変わらずの急登が続く

  • 残雪期って感じやね~

    残雪期って感じやね~

  • 御殿山を目指す

    御殿山を目指す

  • ここで分岐。今回は積雪期ルートでいきます

    ここで分岐。今回は積雪期ルートでいきます

  • このあたりからすっかり雪

    このあたりからすっかり雪

  • ここで夏道との合流

    ここで夏道との合流

  • ここはビューポイントですな。ちょい霞んでるけど山々が見えた

    ここはビューポイントですな。ちょい霞んでるけど山々が見えた

  • お二人さんも景色に没頭

    お二人さんも景色に没頭

  • 御殿山を目指して稜線を歩いていきます

    御殿山を目指して稜線を歩いていきます

  • 御殿山に到着

    御殿山に到着

  • 御殿山から見る武奈ヶ岳。台形のようになって見えるんよね。でもここからまだ遠い感じもする

    御殿山から見る武奈ヶ岳。台形のようになって見えるんよね。でもここからまだ遠い感じもする

  • 一旦、ワサビ峠まで下る

    一旦、ワサビ峠まで下る

  • 武奈ヶ岳はまだ遠いなぁ

    武奈ヶ岳はまだ遠いなぁ

  • 御殿山を振り返り、まだまだ雪たっぷりな蓬莱山を望む

    御殿山を振り返り、まだまだ雪たっぷりな蓬莱山を望む

  • こまっちゃんを撮影してみたw笑顔がいいですな~

    こまっちゃんを撮影してみたw笑顔がいいですな~

  • あともう少し!ここからちょっとした急登を登ると武奈ヶ岳はそこ!

    あともう少し!ここからちょっとした急登を登ると武奈ヶ岳はそこ!

  • 数年ぶりの武奈ヶ岳に到着。吹き曝しになってるのもあり風がすごかった

    数年ぶりの武奈ヶ岳に到着。吹き曝しになってるのもあり風がすごかった

  • 先日購入したジェットボイル。風がビュービュー吹いていてなかなかお湯が沸かなかったけど、それでもなんとかお湯が沸いた。さすがはジェットボイル!

    先日購入したジェットボイル。風がビュービュー吹いていてなかなかお湯が沸かなかったけど、それでもなんとかお湯が沸いた。さすがはジェットボイル!

数年ぶりに比良山系の武奈ヶ岳に行ってきました。今回は坊村ルートのピストン、本当は他のルートも考えましたが時間的に結構厳しいのもあったりしたので今回はこれで。前日に音羽山のナイトハイキングしたせいなのか、田村君の寝坊で出発時間が遅れて大変。まあ、でも30分くらいだったのでなんとか行けました。
もはや残雪って感じの雪の量でアイゼンは装着したものの、結構普通に行けました。
天気は時折晴れ間がでるものの曇りだったけど、景色は見れてよかったです。こまっちゃんとは初の昼間の山行でしたが、とても楽しかったです。
大峰を知ってからというもの、比良山系は行かなくなりましたが、たまにはいいですね。というより次いくなら堂満ルンゼ行きたい!!

>この山行記録のブログ記事はこちら