根古峰~岩湧山

根古峰~岩湧山地図
ホーム > 大阪50山 > 根古峰~岩湧山
  • 山行日:2011年04月30日

    メンバー:母親 + 親類4名 + 涼

    コースタイム:
    13:40岩湧寺→いわわき道→14:50ダイトレ分岐→15:00五ッ辻→15:20根古峰 (ピストン)
    →15:55きゅうざかコース分岐→16:10岩湧山山頂 →16:30下山開始
    →16:40きゅうざかコース分岐→きゅうざかコース→17:25岩湧寺

    約8km(片道)

    登り:2時間  下り:1時間

    注意事項:

    アプローチ: 電車の場合、南海高野線もしくは近鉄長野線・河内長野駅より南海バスで神納バス亭で下車。車道をひたすら岩湧寺のほうへ歩いていくと、左手に「ぎょうじゃの道」があり岩湧寺のほうへ進んでいくマイカーの場合は名阪自動車道・羽曳野ICより国道170号線を河内長野方面へ進み、本町交差点を左折して国道371号線で天見方向へ向かう。片添交差点で左折して県道221号線を加賀田方面、さらに岩湧寺のほうへ進んでいく。「ぎょうじゃの道」付近に駐車場がある。岩湧寺より少し道路を登っていくと岩湧山の登山口があり、きゅうざかコースといわわきコースの分岐点がある。

    この記事のブログ:
    https://blog.nighthiking.jp/article/blog/100355/

  • 最初にある登山口の分岐。今回は根古峰にいくのでいわわきの道を登っていく

    最初にある登山口の分岐。今回は根古峰にいくのでいわわきの道を登っていく

  • いわわきの道の展望台から見える景色

    いわわきの道の展望台から見える景色

  • ここでダイトレ分岐。根古峰は左なのでまずは左へ行く

    ここでダイトレ分岐。根古峰は左なのでまずは左へ行く

  • 五ッ辻。本当に5つの分岐があるのか!?

    五ッ辻。本当に5つの分岐があるのか!?

  • 南葛城山へのコース分岐。いつかここから南葛城山へ行ってみたいな

    南葛城山へのコース分岐。いつかここから南葛城山へ行ってみたいな

  • ダイトレにある根古峰の看板。この看板の後ろのピークへ登る

    ダイトレにある根古峰の看板。この看板の後ろのピークへ登る

  • 電波反射塔があるけど、山頂と三角点はどこだ!?と探し回る

    電波反射塔があるけど、山頂と三角点はどこだ!?と探し回る

  • 二つの電波反射塔の間付近にある根古峰の三角点と山頂。点名は加賀田というらしい

    二つの電波反射塔の間付近にある根古峰の三角点と山頂。点名は加賀田というらしい

  • 根古峰山頂(749.6m)に到着。何もない山頂であったことはいうまでもない

    根古峰山頂(749.6m)に到着。何もない山頂であったことはいうまでもない

  • 急いで同行者に間に合うようにダイトレを戻っていく

    急いで同行者に間に合うようにダイトレを戻っていく

  • 急ぎ戻って、きゅうざかコースとの分岐である東峰へ。この近くで同行者達に追いついた

    急ぎ戻って、きゅうざかコースとの分岐である東峰へ。この近くで同行者達に追いついた

  • いよいよメインの登りがはじまる

    いよいよメインの登りがはじまる

  • ススキは完全に刈られていた。というより燃やされたんだよね

    ススキは完全に刈られていた。というより燃やされたんだよね

  • もういいんだけど、一応、岩湧山山頂で記念撮影をとる

    もういいんだけど、一応、岩湧山山頂で記念撮影をとる

  • 岩湧山からの展望。河内長野~富田林市方面

    岩湧山からの展望。河内長野~富田林市方面

  • 東側は金剛山と大和葛城山も見える

    東側は金剛山と大和葛城山も見える

  • こういうアングルも撮ってみた。こういうことができるのもここならではかもね

    こういうアングルも撮ってみた。こういうことができるのもここならではかもね

  • 下側は残っているススキの穂がゆれる

    下側は残っているススキの穂がゆれる

  • 大阪湾方面は霞んで見えない

    大阪湾方面は霞んで見えない

  • ここから大峰山脈も見えるはずなんだけど今日は霞んでダメだね

    ここから大峰山脈も見えるはずなんだけど今日は霞んでダメだね

先日の大台ヶ原は結構楽なコースでしたので、本日、大阪近郊の山を行こうということで、前回と今回の連続で山へ行くことになりました。最近は同行者(子供連れ)を連れて行くことが多く、私が大阪で好きな剣尾山には連れていきましたが、今回はそのもう一つである岩湧山を選びました。同行者の歩行速度と、ここの道を知っている母も同行しましたので、私はペースをあげて反対側の根古峰へ行ってピストンで戻って岩湧山へ行くようにしました。岩湧寺からいわわきの道でダイトレの分岐へ。そこから五ッ辻、南葛城山への分岐点を経て、根古峰へ。30分少々で着きました。早くピストンで戻らないと思いつつも二つの電波反射塔は見えてるけど、三角点が見つからない。写真付きの地図を持っていたのでよーく見てみるとどうも二つの反射塔の真ん中あたりぽいことに気が付き、三角点を発見!即効で撮影しました。これでダイトレ絡みの山はすべて制覇したと思います。少し小走りで岩湧山へピストンで戻りました。ちょうど、ダイトレのきゅうざかコースの分岐手前にある登りで同行者に追いつきました。そして、メインの岩湧山へ・・・やはり何度行っても良い山です!ここだけ別世界ですね。今年は山焼きをしなかったようですが、ススキは全部刈られて絶景が待っていました。同行者の子供たちも、思わず「うわぁ!」と言葉をあげたくらいです。大阪にはいろんな山がありますが、やはり私は剣尾山と岩湧山の二つが大阪でお気に入りの山です。今度はこの刈られた状態であるうちに夜景を見に行きたいと思っています。

>この山行のブログ記事はこちら