乗鞍岳(畳平~)

乗鞍岳(畳平~)地図
ホーム > 長野県・岐阜県の山 > 乗鞍岳(畳平~)
  • 山行日:2010年07月19日

    メンバー:涼(単独)

    コースタイム:
    11:00畳平→11:20剣ヶ峰口→12:15剣ヶ峰山頂→12:25下山開始
    →13:05剣ヶ峰口→13:25富士見岳山頂→13:40畳平

    約2.4km(片道)

    登り:1時間30分  下り:1時間

    注意事項:

    アプローチ: 岐阜側からは平湯バスターミナルもしくは、ほおのき平バスターミナルよりシャトルバス。松本側からは宮の原(乗鞍高原)よりシャトルバス。注意:開通期間は5月15日~10月31日。

    この記事のブログ:
    https://blog.nighthiking.jp/article/blog/100216/

  • さすがは3000m級の山だけあってグリーンと岩の山肌が素晴らしい。しかも天気もグッド

    さすがは3000m級の山だけあってグリーンと岩の山肌が素晴らしい。しかも天気もグッド

  • 途中で見えた穂高岳と奥に槍ヶ岳が見える

    途中で見えた穂高岳と奥に槍ヶ岳が見える

  • 穂高岳をズームしてみた。大キレットも見えるし、奥に尖った槍ヶ岳もバッチリ見える!

    穂高岳をズームしてみた。大キレットも見えるし、奥に尖った槍ヶ岳もバッチリ見える!

  • 畳平から剣ヶ峰に向かってスタート。こういう風景はアルプスの少女ハイジを連想させる

    畳平から剣ヶ峰に向かってスタート。こういう風景はアルプスの少女ハイジを連想させる

  • お花畑!?遊歩道に出ると人が結構歩いていた。やっぱ人気なのね

    お花畑!?遊歩道に出ると人が結構歩いていた。やっぱ人気なのね

  • 上にあがってさっきのお花畑を見下ろしてみるけど、こういう景色はここ特有かもね

    上にあがってさっきのお花畑を見下ろしてみるけど、こういう景色はここ特有かもね

  • これお気に入りの一枚で池と雪渓がまさに絵になっている。青くなっているところは水の中でも雪が解けてないのかな!?

    これお気に入りの一枚で池と雪渓がまさに絵になっている。青くなっているところは水の中でも雪が解けてないのかな!?

  • 剣ヶ峰が見えた。近いとはいえ、ここから見ると結構高い。ここまではひたすら舗装道が続く

    剣ヶ峰が見えた。近いとはいえ、ここから見ると結構高い。ここまではひたすら舗装道が続く

  • 剣ヶ峰口。ここからいよいよ登山道になり乗鞍岳への登りとなる。空気が薄いのでここからはペースに注意した

    剣ヶ峰口。ここからいよいよ登山道になり乗鞍岳への登りとなる。空気が薄いのでここからはペースに注意した

  • 登っている途中で北アルプス方面を見ると雲がかかってきた。山頂まで天気がもってくれればいいんだが・・・

    登っている途中で北アルプス方面を見ると雲がかかってきた。山頂まで天気がもってくれればいいんだが・・・

  • 尾根に取り付くと反対側はもはやグリーンもない。北アルプスというか乗鞍岳特有なのか!?

    尾根に取り付くと反対側はもはやグリーンもない。北アルプスというか乗鞍岳特有なのか!?

  • 山頂の手前にきた。南西方向は雲があるが北東方面はまだ雲が少ない

    山頂の手前にきた。南西方向は雲があるが北東方面はまだ雲が少ない

  • 先に乗鞍岳の山頂三角点を撮影。立派な三角点だな

    先に乗鞍岳の山頂三角点を撮影。立派な三角点だな

  • 乗鞍岳・剣ヶ峰(3026m)に到着。せっかく百名山の一座を登頂したので記念撮影をした

    乗鞍岳・剣ヶ峰(3026m)に到着。せっかく百名山の一座を登頂したので記念撮影をした

  • 山頂には宮本鞍乗と書かれた本宮がある。この名前の意味はわからないし、興味がないので調べもしていない(笑)

    山頂には宮本鞍乗と書かれた本宮がある。この名前の意味はわからないし、興味がないので調べもしていない(笑)

  • さて、目的は達成したので下っていくが、結構雲がでてきた。このままだとガスるな

    さて、目的は達成したので下っていくが、結構雲がでてきた。このままだとガスるな

  • ガスが近づいてくるのが早い。まだ尾根なのに速攻だった

    ガスが近づいてくるのが早い。まだ尾根なのに速攻だった

  • 下山時に立ち寄った富士見岳(2817m)。この付近はまだガスっていないので大丈夫

    下山時に立ち寄った富士見岳(2817m)。この付近はまだガスっていないので大丈夫

  • ここから畳平に向かって杖を振ったら家族にそれが見えていたらしい。しかし、いよいよ畳平もガスってしまいそうだ

    ここから畳平に向かって杖を振ったら家族にそれが見えていたらしい。しかし、いよいよ畳平もガスってしまいそうだ

  • 鶴ヶ池まで下りてきた。ここから畳平まではすぐ。今回の撮影はここまで。距離や時間は短かい山行だったけどお疲れ様でした

    鶴ヶ池まで下りてきた。ここから畳平まではすぐ。今回の撮影はここまで。距離や時間は短かい山行だったけどお疲れ様でした

昨日は美ヶ原と霧ヶ峰で本日は乗鞍岳。鞍畳平までバスで行き、剣ヶ峰を目指しました。最初のお花畑の道から小屋を眺めると、まるでアルプスの少女はハイジですね。母と家族はピークハントに興味がないのと、富士見岳下あたりで昨日の疲れがまだ取れてなかったようで途中でダウン。結局、私一人の単独で剣ヶ峰まで登りました。最初のうちは穂高岳や槍ヶ岳が見えていたんですが、昼に近づくと雲がでてきました。乗鞍岳の稜線に上がった時にはガスってきましたのでピークハントして下山。富士見岳も気になったのでついでに登って畳平へ下りていきました。結局、畳平に戻ったらすっかりガスってしまいました。まあ、もっと朝のうちに剣ヶ峰まで登っておけば、最高の景色だったと思います。

>この山行のブログ記事はこちら