丹沢山~蛭ヶ岳

丹沢山~蛭ヶ岳地図
ホーム > 東京都・神奈川県の山 > 丹沢山~蛭ヶ岳
  • 山行日:2011年11月03日

    メンバー:涼(単独)

    コースタイム:
    6:20塩水橋→7:25丹沢山登山口(堂平)→8:00天王寺尾根分岐
    →8:48丹沢山頂→10:19蛭ヶ岳山頂→11:00下山開始
    →12:42丹沢山頂→13:34天王寺尾根分岐→14:35塩水林道→15:08塩水橋

    約18.5km

    全工程:4時間 4時間(足痛)

    注意事項:

    アプローチ: マイカーのみ、東名高速道路・秦野中井ICより県道64を経て県道70号線に入り宮ヶ瀬ダム方面へ向かう。ヤビツ峠を経てさらに奥に進んでいくと、塩水橋があり、その手前に林道のゲートがある。

    この記事のブログ:
    https://blog.nighthiking.jp/article/blog/100202/

  • 塩水橋からこの車両通行止めゲートから林道をスタート

    塩水橋からこの車両通行止めゲートから林道をスタート

  • 林道終点が4.6kmで丹沢山が7.4kmとかなりロングコースだ

    林道終点が4.6kmで丹沢山が7.4kmとかなりロングコースだ

  • ひたすら林道を歩く。林道歩きは嫌だけど5kmくらいこれが続くとなると心が折れそう

    ひたすら林道を歩く。林道歩きは嫌だけど5kmくらいこれが続くとなると心が折れそう

  • 11月になり、この付近もすっかり山は色づいて紅葉になっている

    11月になり、この付近もすっかり山は色づいて紅葉になっている

  • あと2.9kmか。林道はまだ終わらないけど、もうすぐかな!?

    あと2.9kmか。林道はまだ終わらないけど、もうすぐかな!?

  • この小屋みたいなところまでくると林道はついに終わる。1時間ほどの林道歩きは疲れた

    この小屋みたいなところまでくると林道はついに終わる。1時間ほどの林道歩きは疲れた

  • ここからは登山道になる。しばらくはこういう道が続く

    ここからは登山道になる。しばらくはこういう道が続く

  • 丹沢山まで1.2kmと距離のほとんどが林道だったのね

    丹沢山まで1.2kmと距離のほとんどが林道だったのね

  • こういう鎖場もあるけど、この付近だけだったと思う

    こういう鎖場もあるけど、この付近だけだったと思う

  • この付近からは少し展望があった。まだちょっと低いかな!?

    この付近からは少し展望があった。まだちょっと低いかな!?

  • さすがは丹沢山。こういう道はキッチリ整備されている

    さすがは丹沢山。こういう道はキッチリ整備されている

  • この階段を登って少しいった先が山頂だったような気がする

    この階段を登って少しいった先が山頂だったような気がする

  • みやま山荘かな。小屋に着いた。林道も兼ねてここまで長かった

    みやま山荘かな。小屋に着いた。林道も兼ねてここまで長かった

  • 丹沢山山頂(1567m)に到着。日本百名山の一座はここになるのかな!?

    丹沢山山頂(1567m)に到着。日本百名山の一座はここになるのかな!?

  • 丹沢山山頂からは富士山がでかでかと見えた

    丹沢山山頂からは富士山がでかでかと見えた

  • さて、次は丹沢最高峰の蛭ヶ岳へ行くが3.4kmもあるのか。時間はまだあるのでゆっくり行くことにする

    さて、次は丹沢最高峰の蛭ヶ岳へ行くが3.4kmもあるのか。時間はまだあるのでゆっくり行くことにする

  • 標高は1500mほどだけど谷が深い。写真ではわかりにくいか!

    標高は1500mほどだけど谷が深い。写真ではわかりにくいか!

  • 蛭ヶ岳の山頂が見えてるけど一旦下って登ってという感じ。見えてるけどちょっと着かない感じ

    蛭ヶ岳の山頂が見えてるけど一旦下って登ってという感じ。見えてるけどちょっと着かない感じ

  • 丹沢山を振り返る。あんなところから歩いてきたんだなって思うけど、後でまた戻るんだよね

    丹沢山を振り返る。あんなところから歩いてきたんだなって思うけど、後でまた戻るんだよね

  • 蛭ヶ岳の小屋が見えたけど、まだもう少しがんばって登らないといけない。ここでちょっと膝が痛くなってきた

    蛭ヶ岳の小屋が見えたけど、まだもう少しがんばって登らないといけない。ここでちょっと膝が痛くなってきた

  • 丹沢最高峰・蛭ヶ岳(1672.7m)に到着。膝が痛いのでここで大休憩をとる

    丹沢最高峰・蛭ヶ岳(1672.7m)に到着。膝が痛いのでここで大休憩をとる

  • 蛭ヶ岳から見る富士山もこの通り。こっちのほうが富士山の構図的にいいかな

    蛭ヶ岳から見る富士山もこの通り。こっちのほうが富士山の構図的にいいかな

  • 向こう側は海かな。霞んでいて何が見えてるかわからないけど・・・

    向こう側は海かな。霞んでいて何が見えてるかわからないけど・・・

  • せっかく百名山の一座と丹沢最高峰を登頂したので記念撮影

    せっかく百名山の一座と丹沢最高峰を登頂したので記念撮影

  • 市街地が遠く見えるが、夜景というレベルのものではない。蛭ヶ岳は丹沢でもかなり奥地にあるので・・・

    市街地が遠く見えるが、夜景というレベルのものではない。蛭ヶ岳は丹沢でもかなり奥地にあるので・・・

  • さてさて、戻りますかな。膝の痛みがとれずスローペースで歩く

    さてさて、戻りますかな。膝の痛みがとれずスローペースで歩く

  • 下山時に真っ赤に色づいた紅葉をとるけど、終わりかけのものもあった。樹林の種類によって違うのかな!?とりあえず膝が痛いので、かなりのスローペースで下る

    下山時に真っ赤に色づいた紅葉をとるけど、終わりかけのものもあった。樹林の種類によって違うのかな!?とりあえず膝が痛いので、かなりのスローペースで下る

もう少し寒くなってから行こうと思っていた丹沢山ですが、予定が空いて丹沢山に行くのがベストだと思い、急遽行くことにしました。正直、前回の甲武信ヶ岳のほうがキツイですが、この山もかなりキツかったと思います。まずは堂平のほうから登り・・・林道(舗装道路)が5kmがかなりなものでした。足慣らしどころか最後のほうは「登山口はまだか!?」と何度も思いました。やっと登山口に辿り追いて、そこから看板に丹沢山まで1時間20分と書いてありました。実際、その時間ではちょっとキツイかもしれません。丹沢山頂までは樹林帯の中をひたすらあるいて、開けたところにでますが、また樹林帯に入って、今度は階段の連続です。実際、丹沢山頂までは富士山は見えませんでした。丹沢山頂へ登り、一息。今日はくっきり富士山が見えました。丹沢から向こうのほうに小屋が見えます。そう、丹沢最高峰の蛭ヶ岳です。次はそこを目指します。丹沢~蛭ヶ岳まではアップダウンの連続です。バテますが、道はよく景色もグッドです!丹沢山から蛭ヶ岳へ向かう途中に足を痛めてしまい、そこからかなりペースがダウンしました。なんとか蛭ヶ岳山頂に着きましたが、奥多摩の山々~富士山~丹沢の山々が見えてほぼ360度のパノラマ絶景です!特に富士山は今まで関東近郊の登った山の中で一番、近い感じがしました。そして、下山ですが足を引きずりながらゆっくり降りたので、登りと同じくらい時間がかかりました。今回は足を痛めてしましたが、なんとか蛭ヶ岳山頂に辿りついて絶景が見れたのでOKOKです。

>この山行のブログ記事はこちら