トンガリ山(丹波槍)~白髪岳

兵庫県の山 >> トンガリ山(丹波槍)~白髪岳
  • 山行日:2014年11月23日

    コースタイム

    9:53駐車場所→10:13薬師堂→10:27妙見宮跡→11:14トンガリ(丹波槍)山頂
    →11:25行動開始→11:44P570→12:37P607→13:50P689→14:15白髪岳
    →14:57下山開始→15:16尾根分岐→15:44尾根終わり(沢)→16:03駐車場所

    全:7時間行程

    注意事項: P607付近は迷いやすいので注意
    白髪岳からの下山時の尾根はほぼテープなどなしで尾根から外れないこと

    アプローチ: ここのポイントは電車でのが大変なことです。JR福知山線の古市駅より国道372号線を今田町(住吉神社)の南西のほうへ向かいます。上小野原交差点を右折して県道292号線に入りそのまま今田町四斗谷集落へ向かいます。集落で橋があるので渡ってから左折。そのまま登っていくと右手に鳥居のある薬師堂が見えます。その鳥居からがトンガリ登山口です。薬師堂がわからなければ四斗谷集落の人に聞けばすぐわかるようです。また位置がわかっていれば、GoogleMapなど地図で調べてもすぐわかるようです

  • 駐車場所から四斗谷集落、薬師堂の登山口まで歩いていきます

    駐車場所から四斗谷集落、薬師堂の登山口まで歩いていきます

  • これから登るトンガリ山(丹波槍)。反射して逆さに!

    これから登るトンガリ山(丹波槍)。反射して逆さに!

  • 天気が良い

    天気が良い

  • 薬師堂。ここから入山

    薬師堂。ここから入山

  • まずはなだらかな道を歩く

    まずはなだらかな道を歩く

  • トンガリ山はNHKのテレビケーブルを埋設しているそうだ

    トンガリ山はNHKのテレビケーブルを埋設しているそうだ

  • 妙見宮跡の階段

    妙見宮跡の階段

  • 妙見宮跡。ルートはこの石碑を左へ

    妙見宮跡。ルートはこの石碑を左へ

  • この尾根を登る

    この尾根を登る

  • こういった道標があるが、見失いやすい

    こういった道標があるが、見失いやすい

  • ピークまでつくとトンガリ山のトンガリ部分が見える

    ピークまでつくとトンガリ山のトンガリ部分が見える

  • トンガリ山直下は岩やガレた場所がある

    トンガリ山直下は岩やガレた場所がある

  • トンガリ山(丹波槍)山頂(620m)到着

    トンガリ山(丹波槍)山頂(620m)到着

  • 南側の展望

    南側の展望

  • トンガリ山からは北側の展望が開けていて、これから歩く縦走路の尾根が一望できる

    トンガリ山からは北側の展望が開けていて、これから歩く縦走路の尾根が一望できる

  • トンガリ山からの下りはちょい急な岩場になっていた

    トンガリ山からの下りはちょい急な岩場になっていた

  • 尾根道はところどころテープがあった

    尾根道はところどころテープがあった

  • ずっと展望のきかない尾根

    ずっと展望のきかない尾根

  • トンガリ山。あんなところから歩いてきた

    トンガリ山。あんなところから歩いてきた

  • 久しぶりにみたこの道標。こんなところにもあった

    久しぶりにみたこの道標。こんなところにもあった

  • ここからP644の手前のピークはかなり急登だった

    ここからP644の手前のピークはかなり急登だった

  • 登山道に出た

    登山道に出た

  • 白髪岳への登りは岩場がメイン

    白髪岳への登りは岩場がメイン

  • 白髪岳直下のラストの登りはかなりきつかった

    白髪岳直下のラストの登りはかなりきつかった

  • 白髪岳(721.8m)に到着

    白髪岳(721.8m)に到着

  • こっちが本当の山頂!?

    こっちが本当の山頂!?

  • 今日はブタメンカレー味を食べる

    今日はブタメンカレー味を食べる

  • 南側メインの展望

    南側メインの展望

  • 北側メインの展望

    北側メインの展望

  • 中央が立杭焼き、今田村でその左側に見えてる山は虚空蔵山

    中央が立杭焼き、今田村でその左側に見えてる山は虚空蔵山

  • 西側の展望

    西側の展望

  • さあ下ります

    さあ下ります

  • 白髪岳直下は岩場になっている

    白髪岳直下は岩場になっている

  • 鎖場

    鎖場

  • 下のほうが紅葉していた

    下のほうが紅葉していた

  • 岩場のトラバース

    岩場のトラバース

  • ひたすら下り

    ひたすら下り

  • この無表示看板を右へ。下りの尾根の取次

    この無表示看板を右へ。下りの尾根の取次

  • 下りの尾根は無理矢理といった感じ

    下りの尾根は無理矢理といった感じ

  • 植林地帯まで降りてきた

    植林地帯まで降りてきた

  • 沢に下りてきた

    沢に下りてきた

  • 沢筋を歩く

    沢筋を歩く

  • 林道の終点地点にきた

    林道の終点地点にきた

  • 途中苔むした場所あり

    途中苔むした場所あり

  • 道路に戻ってきました

    道路に戻ってきました

  • ピンポイントで車の場所に出てきた

    ピンポイントで車の場所に出てきた

久々にユルケイ登山の登山好人さんと二人での山行になりました。本当は大峰のバリゴヤの頭に行く予定が、まさかの私の寝坊で急遽変更。一応、こちらも予定していましたので・・・このコースは以前にいったトンガリ山から見えていた白髪岳へ尾根の縦走をしてみたいと思ったのがきっかけです。地図をもっていきましたが、急いでネットプリントで印刷したので、等高線が薄く見えなかったりと残念。まあGPSがあったのでとりあえず安心だが、できればこのコースは地図だけで行きたいと思っていました。続くアップダウンで久々の山行となった登山好人さんがバテバテに。白髪岳に到着して食事をして下山。白髪岳の山頂直下は岩場だらけだったのでそれを下ることに。予定していた下りの尾根は岩場の上で見失い、もう一つ先の尾根を沢筋までほぼ無理矢理下りましたがこれが結果的に正解。林道にでて1kmほど歩くとほぼ駐車した場所にピンポイントにでました。そのときに登山好人さんの喜びの声は忘れられませんでした(笑)ほぼ完全バリルートのこのコースはあれこれと勉強になった山行でした。