観音峯山

大峰山脈・台高山脈 >> 観音峯山
  • 山行日:2013年11月23日

    コースタイム

    13:15観音峰山登山口→13:23観音水→13:30第一展望台
    →13:49観音平休憩所→14:04観音峰展望台→14:28観音峯山頂
    →14:30下山開始→14:44観音峰展望台→15:10観音峰山登山口

    登:1.5時間 下:1時間

    注意事項: コースタイムは登りは早めのペース、下山は走っています。観音峯展望台から先のルートはテープ頼りだが、稜線を外さなければOK。

    アプローチ: 電車の場合、下市口駅より奈良交通バス観音峯登山口下車。マイカーの場合、大阪より南阪奈道路・葛城ICよりそのまま大和高田バイパスで 国道24号線の分岐で降りて東室交差点で右折。国道24号線(下街道)を南下していき、 国道309号線との分岐する室交差点を左折。そのまま309号線を走って世界遺産の大峰山への看板があるので従がって県道21号線に入る。「虹トンネル」を通り抜けてすぐ右側に観音峯山登山口(トイレや休憩場所)がある。

  • 観音峰山登山口

    観音峰山登山口

  • つり橋を渡る

    つり橋を渡る

  • みたらい渓谷から続く綺麗な沢

    みたらい渓谷から続く綺麗な沢

  • 最初はここを左

    最初はここを左

  • ここを登っていく

    ここを登っていく

  • 左にいくと光の滝~みたらい渓谷

    左にいくと光の滝~みたらい渓谷

  • 観音の水

    観音の水

  • まずは第一展望台

    まずは第一展望台

  • 第一展望台より弥山、八経ヶ岳を望む

    第一展望台より弥山、八経ヶ岳を望む

  • 続いて進んでいく

    続いて進んでいく

  • 稜線にたどり着いての登りが続く

    稜線にたどり着いての登りが続く

  • 苔地帯も少しあり!?

    苔地帯も少しあり!?

  • 観音平に到着

    観音平に到着

  • この階段を登る

    この階段を登る

  • さらに急登な登りになる

    さらに急登な登りになる

  • 観音の岩屋との分岐。100mなのでとりあえずいってみる

    観音の岩屋との分岐。100mなのでとりあえずいってみる

  • 観音の岩屋

    観音の岩屋

  • ジグザグの登りが続く

    ジグザグの登りが続く

  • ここまでくると観音峰展望台の手前

    ここまでくると観音峰展望台の手前

  • ススキが広がる

    ススキが広がる

  • 観音峰展望台に到着。ちなみに向こう側のピークは山頂ではない

    観音峰展望台に到着。ちなみに向こう側のピークは山頂ではない

  • 雪がかぶった山上ヶ岳、大日山、稲村ヶ岳

    雪がかぶった山上ヶ岳、大日山、稲村ヶ岳

  • こちらは弥山、八経ヶ岳方面

    こちらは弥山、八経ヶ岳方面

  • 金剛山、大和葛城、二上山

    金剛山、大和葛城、二上山

  • 見事なススキ

    見事なススキ

  • ここから観音峰山頂まではほとんどテープ頼りになる

    ここから観音峰山頂まではほとんどテープ頼りになる

  • 1265mのピークより観音峰のピークを望む。ここで一旦少し下る

    1265mのピークより観音峰のピークを望む。ここで一旦少し下る

  • 観音峰山のピークまでもルートが見えにくいのでテープ頼り

    観音峰山のピークまでもルートが見えにくいのでテープ頼り

  • ところどころに雪がある

    ところどころに雪がある

  • 山頂が見えた

    山頂が見えた

  • 観音峰山頂(1347m)

    観音峰山頂(1347m)

  • 観音峰山の三角点

    観音峰山の三角点

  • 下山時に観音峰展望台を反対側から撮影

    下山時に観音峰展望台を反対側から撮影

事情により母をみたらい渓谷へ連れていきました。紅葉の行楽シーズンということもあり人がたくさんでした。その後、観音峯山を登ってみることにしましたが、母は第一展望台までで、私は速度倍なので第二展望台までいってみることにしました。久々の高速登山でしたが、息切れするもののあっという間に第一展望台に到着。そして1時間弱で観音峯展望台に到着しました。ここからは迫力ある山上ヶ岳、大日山、稲村ヶ岳、そして弥山、八経ヶ岳も一望のもと。青空で雪がかぶっていたのでかなり良かったのと、これほどはっきり綺麗に大峰の山々を見たのは久々だった気がします。というかここ大峰の山々を見るのにかなり良い場所だと思います。登ってよかったと感じた一瞬でもありました。また、遠く、金剛山、大和葛城山、二上山も一望できました。登り当初は観音峯山へのピークハントを考えましたが、15:00過ぎには登山口まで下山できそうだったので行くことにしました。最初は観音峯展望台から見えるあれがピークだと思いきや1285mのピーク地点で、観音峯山頂はその向こう側にあるピークでした。15分ほどで山頂に到着。急いで下山開始。下山は走ったといってもそこまでの速度ではありませんでしが、急登りだったのか、高速道路に乗ったかのように早かったです。