氷ノ山敗退(三の丸まで)

兵庫県の山 >> 氷ノ山敗退(三の丸まで)
  • 山行日:2015年1月10日

    コースタイム

    若狭氷ノ山スキー場リフトトップ→三の丸(ピストン)

    登:2.5時間 下:2時間

    注意事項: 厳冬期の氷ノ山は天候が崩れやすい

    稜線は高原地帯でホワイトアウトになると迷いやすい

    コースタイム時間はラッセル時間込みと、スキー場歩き時間を含む

    アプローチ: マイカーのみ、中国自動車道・山崎ICより国道29号線を鳥取方面へ向かい、新戸倉トンネルを出て鳥取県内に入る。氷ノ山スキー場の案内表示があるので従って右折して国道482号線を進んでいくと若狭氷ノ山スキー場がある。

山の厳しさは標高ではないといういい例かもしれません。スキー場リフトトップより雪が深いというのはわかっていましたが、ラッセルしながらなんとか三の丸避難小屋まで到着できました。問題はその後でした。避難小屋の扉をあけると吹き飛ばされそうな爆風の吹雪きで、もはやブリザード状態。雪が強く当たってくると痛い><なんとか三の丸頂上の展望台までいきましたが敗退。その後、もう一度避難小屋に戻り休憩。次にその扉を開くとさらにコンディション悪化。ちょっとだけ手袋を外して撮影したところ、その一瞬で手がかじかんでしまいました。体感温度は-20度をゆうに越してた感じです。歩いてきたトレースも消えていて、視界も無し。もはやどこを歩いてるのかわからずガーミンのGPSを頼りに歩きました。私が先頭だったのですが、まっすぐ歩いてつもりが右にズレて歩いていたりと方向感覚もなし。本当の意味で冬山の道迷いで遭難の意味を体感しました。こうなってくると地図やコンパスもちょい頼りにならない感じです。GPSがなかったらおそらく際を歩いていたと思いますが、それも滑落の危険等あると思います。なんとか樹林帯まで戻るとトレースが残っていました。
たかだか1500mの山とバカにしていたわけではありませんが、日本海側の冬山がここまで厳しく危険と知らされた一日でした。今回は敗退しましたが、今後の山行にも貴重な経験をしたと思っています。