四国山~高森山

  • コースタイム

    11:30市民の森→11:50四国山山頂→12:15山頂広場→12:20旧展望台→13:20高森山山頂→14:00山頂広場(昼食)→14:40下山開始→15:10和歌山市森林公園

    登:1時間50分時間 下:70分時間

    アプローチ: 南海加太線の加太駅で下車。県道7号を磯ノ浦方面へ歩いて「酒の花光」を斜めに入っていく。しばらく進むと「坂田自治会館」があるのでそれを左へ。道なりに進んでいくと和歌山市森林公園がある。マイカーの場合、阪和道・和歌山北ICより県道139号線を西へ進むと県道141号線との分岐した交差点があるので右折して少し北上していく。さらに県道7号線との分岐した交差点があるので左折して県道7号線を西へ。加太焼潮風窯があるので右折。しばらく進むと「坂田自治会館」があるのでそこを右折して道なりに進んでいくと和歌山市森林公園がある。四国山への登山口がその森林公園付近にいくつかある。

  • 市民の森登山口。この後ろが大駐車場になっています

    市民の森登山口。この後ろが大駐車場になっています

  • 荒れています

    荒れています

  • 急斜面なガレ場を登っていきます

    急斜面なガレ場を登っていきます


  • 稜線手前の階段。ここも急でした

    稜線手前の階段。ここも急でした

  • 稜線にでると分岐点です。大駐車場のほうから登ったほうが斜面はなだらかだったかも!?

    稜線にでると分岐点です。大駐車場のほうから登ったほうが斜面はなだらかだったかも!?

  • 展望台が見えます

    展望台が見えます

  • 四国山山頂

    四国山山頂


  • 友ヶ島と淡路島が大きく見えます

    友ヶ島と淡路島が大きく見えます

  • 四国山山頂の展望台より友ヶ島と淡路島が見えます。左側に小さくみえる島が沼島です

    四国山山頂の展望台より友ヶ島と淡路島が見えます。左側に小さくみえる島が沼島です




  • 四国山山頂よりこれから登る高森山を眺める

    四国山山頂よりこれから登る高森山を眺める


  • 山頂広場です。画像では見えにくいですがテーブルなどがあります

    山頂広場です。画像では見えにくいですがテーブルなどがあります

  • 山頂広場の奥より、アップで友ヶ島と淡路島が見えます。奥の高い山が淡路島の最高峰、諭鶴羽山です

    山頂広場の奥より、アップで友ヶ島と淡路島が見えます。奥の高い山が淡路島の最高峰、諭鶴羽山です

  • 山頂広場より、高森山はこのハイキングコースを進みます

    山頂広場より、高森山はこのハイキングコースを進みます

  • 展望台です。壊れていました

    展望台です。壊れていました


  • ジャングルのような道

    ジャングルのような道


  • 登りが時々あるものの、このような稜線続きで気持ちがよく歩けます

    登りが時々あるものの、このような稜線続きで気持ちがよく歩けます

  • 途中のピークより、こんな光景があったので撮影

    途中のピークより、こんな光景があったので撮影

  • 四国山山頂の展望台が見える

    四国山山頂の展望台が見える

  • 右側には通ってきた展望台

    右側には通ってきた展望台



  • 秋の丘との分岐点

    秋の丘との分岐点

  • 高森山山頂の風景

    高森山山頂の風景

  • 高森山の三角点

    高森山の三角点


  • 高森山は和泉山脈西端だったんですね

    高森山は和泉山脈西端だったんですね

  • 高森山山頂から見える漁港

    高森山山頂から見える漁港




  • 高森山から戻る時、さっきのピークより、こんな光景があったので撮影

    高森山から戻る時、さっきのピークより、こんな光景があったので撮影

  • ここが和歌山市森林公園からの登山口です

    ここが和歌山市森林公園からの登山口です


  • 和歌山市森林公園。恐竜や動物がたくさんです

    和歌山市森林公園。恐竜や動物がたくさんです




市民の森より、四国山山頂までは400mと書いていますが、稜線にでるまで荒れた道とガレ場、しかも急斜面です。下りはかなり危険です。稜線にでると四国山山頂まではすぐで、四国山山頂の展望台が見えます。四国山山頂~山頂広場までなだらかな下りです。そこから高森山山頂までは何度か登りますが、これも稜線歩きといった感じの良い道でした。ピストンで山頂広場まで戻り、遅くなったけど昼食。下山時は二手に分かれて山頂広場より冒険の森~サクラの谷を経て和歌山市森林公園へ下山するのと、再び四国山山頂を経由して市民の森へ戻るチームと分かれました。歩いていて楽しくて気持ちの良いと感じられるので稜線歩きが好きな人にはかなりオススメなコースです。アプローチが大変なので、ここはマイカーなどでいくことをおススメします。

他の山にも登る?

Go TopPage