大岩ヶ岳~東大岩岳

  • コースタイム

    11:00JR道場駅→11:30千苅ダム堰堤→13:00大岩岳山頂→(13:40まで昼食)→14:15東大岩岳→14:25馬の背→14:40東大岩岳→15:20丸山湿原→15:30関電道分岐→16:20東山橋→16:40JR道場駅

    全:4時間30分時間行程

    アプローチ: JR福知山線・道場駅より踏み切りを渡り看板を右折して千苅ダム堰堤へ向かう。千苅貯水場で道路終わり、その右側の近畿環状自然歩道の道標があるので、従がって金網越しに進んでいくと千苅ダム堰堤に着く。千苅ダム堰堤の橋を渡って道なりに進むと登山口がある。

  • 道場駅

    道場駅

  • 踏み切りを渡ります

    踏み切りを渡ります

  • この看板があるので、右の千苅ダム堰堤へ向かいます

    この看板があるので、右の千苅ダム堰堤へ向かいます

  • しばらく川沿いの道を歩いていきます

    しばらく川沿いの道を歩いていきます

  • ここ最近雨量が多かったせいで濁っています

    ここ最近雨量が多かったせいで濁っています

  • 千苅貯水場。道路はここで終わりですが、右側の川のほうへ

    千苅貯水場。道路はここで終わりですが、右側の川のほうへ

  • ここから入っていきます

    ここから入っていきます



  • 人工の滝?トンネルから水が・・・ものすごい勢いでした

    人工の滝?トンネルから水が・・・ものすごい勢いでした

  • 千苅ダム堰堤

    千苅ダム堰堤

  • 橋を渡り大岩ヶ岳方面へ向かいます

    橋を渡り大岩ヶ岳方面へ向かいます

  • このようなものがあるので、ここを左へ

    このようなものがあるので、ここを左へ



  • 小さな滝発見

    小さな滝発見

  • 分岐点です。まっすぐが正解。今回はこれを右側へ進みます(南側)

    分岐点です。まっすぐが正解。今回はこれを右側へ進みます(南側)

  • しばらく雨が続いたせいか、道が荒れていました

    しばらく雨が続いたせいか、道が荒れていました

  • 広場のようなところにでます。ここで迷いましたが、ここを左です

    広場のようなところにでます。ここで迷いましたが、ここを左です



  • 大岩ヶ岳のピーク。ここからもう一登り

    大岩ヶ岳のピーク。ここからもう一登り


  • 大岩ヶ岳の山頂風景

    大岩ヶ岳の山頂風景

  • 大岩ヶ岳の山頂

    大岩ヶ岳の山頂


  • 記念撮影

    記念撮影

  • 大岩ヶ岳の三角点

    大岩ヶ岳の三角点







  • この分岐点より東大岩岳ピークへ向かいます

    この分岐点より東大岩岳ピークへ向かいます

  • 5分ではキツかったような^^;

    5分ではキツかったような^^;

  • 東大岩岳のピーク付近から大岩ヶ岳を眺める

    東大岩岳のピーク付近から大岩ヶ岳を眺める


  • 東大岩岳の山頂

    東大岩岳の山頂

  • 馬の背

    馬の背


  • 馬の背ピークからの展望

    馬の背ピークからの展望


  • 東大岩岳の南側にこのようなものを発見

    東大岩岳の南側にこのようなものを発見


  • 丸山湿原方面に向かいます

    丸山湿原方面に向かいます

  • まっすぐ行くと丸山湿原ですので西回りコースへ

    まっすぐ行くと丸山湿原ですので西回りコースへ

  • ここから関電道へ入っていきます

    ここから関電道へ入っていきます

  • 関電道から一旦下り、鉄塔No179への鉄塔まで、一登りしないといけません。下った分登るのでキツイ感じがしました

    関電道から一旦下り、鉄塔No179への鉄塔まで、一登りしないといけません。下った分登るのでキツイ感じがしました

  • 鉄塔No179手前。ここを右へ。(火の用心の看板にマジックで東山橋と書いていました)

    鉄塔No179手前。ここを右へ。(火の用心の看板にマジックで東山橋と書いていました)

  • 鉄塔No179からはこのような尾根道が続きます

    鉄塔No179からはこのような尾根道が続きます




  • 下を見ると通った千苅貯水場と駐車場が見えました

    下を見ると通った千苅貯水場と駐車場が見えました

  • 鉄塔No177手前の分岐点。ここもマジックで書いてありましたが、東山橋のほうへ(画像の右側の道へ)

    鉄塔No177手前の分岐点。ここもマジックで書いてありましたが、東山橋のほうへ(画像の右側の道へ)


  • 民家の道?に出ますのでここを左へ

    民家の道?に出ますのでここを左へ

  • 東山橋

    東山橋

山のレベルに標高なんて関係ないと感じさせられる良い例の山です。とても標高384mとは思えないほどのキツさ、そして山頂からは360度パノラマ大絶景です。今回、実は地図を忘れてiPhoneのGPSを頼りに登っていきましたが、ここは道しるべがない箇所があり、GPSもなかなかうまくいかず、途中の分岐点でわからなくなったのが二箇所ほどありました。山頂で東大岩岳への道を尋ねた人に地図をいただいて、ほっとしました。地図くださった方ありがとうございます。そして、地図は必ず忘れずにと反省しました。ところで、山頂からの景色は大絶景です!!!こんなところがあったなんて・・・まだ行ったことない方、ここはかなりおススメの山です。剣尾山、岩湧山に継ぐ、久々にかなり気に入った山発見です。ここも何度でも行きたいです。(紅葉時期でも)しかし、関電道はかなりキツイものがあったので、今度は千苅ダム堰堤→大岩ヶ岳のピストンで行きます。

他の山にも登る?

Go TopPage