大石ヶ峰~高城山

  • コースタイム

    渓流歩道(牛滝園地)→綿流ノ滝和泉葛城山→和泉葛城山三角点→大石ヶ峰(ピストン)犬鳴道路→高城山綿流ノ滝:0.2km大石ヶ峰:2km高城山:0.3km綿流ノ滝:5分(戻:10分)大石ヶ峰:片道40分高城山:10分(戻:10分)

    全:綿流ノ滝:5分(戻:10分)大石ヶ峰:(片道40分) 高城山:10分(戻:10分)時間行程

    アプローチ: 大阪方面からの場合、阪和自動車道・岸和田和泉ICを降りて右折して西へ。「岸和田和泉インター西」交差点を左折して府道40号線をひたすら進んでいく。牛滝加圧ポンプ場のところ(牛滝温泉いよやかの郷手前)を右折して山へあがっていく。和歌山方面からの場合、阪和道・和歌山北ICより左折して県道39号線を経て和歌山バイパス(国道24号線)を岩出市方面へ。「小島」交差点を左折して県道127号線にはいる。そのまま山のほうへあがっていくと葛城山への案内表示があるので従って進んでいく。展望台は駐車場西側に入山口がある

  • 道路より渓流歩道へ

    道路より渓流歩道へ

  • 渓流歩道よりこの沢へ下っていく

    渓流歩道よりこの沢へ下っていく

  • 綿流ノ滝

    綿流ノ滝


  • 和泉葛城山の山頂近く、和泉葛城山の一等三角点~大石ヶ峰へは、ここへ入っていきます

    和泉葛城山の山頂近く、和泉葛城山の一等三角点~大石ヶ峰へは、ここへ入っていきます

  • しばらく道路を歩いていくとこのような分岐点に。ここから山中へ入ります

    しばらく道路を歩いていくとこのような分岐点に。ここから山中へ入ります

  • しばらく鍋谷峠に向かっていきます

    しばらく鍋谷峠に向かっていきます

  • マウンテンバイクのタイヤ跡がある道を歩いていく

    マウンテンバイクのタイヤ跡がある道を歩いていく

  • 鍋谷峠との分岐点です。ここで左側へ。この左側のピークが和泉葛城山の一等三角点

    鍋谷峠との分岐点です。ここで左側へ。この左側のピークが和泉葛城山の一等三角点

  • 関電中継所。三角点はその横に

    関電中継所。三角点はその横に

  • 和泉葛城山の一等三角点

    和泉葛城山の一等三角点


  • しばらくこのような道が続きます

    しばらくこのような道が続きます

  • 大石ヶ峰への道は正しいのかと思っている途中にこのような看板がありました

    大石ヶ峰への道は正しいのかと思っている途中にこのような看板がありました

  • 大石ヶ峰へピーク手前の分岐点。ここを左側へ。この左側のピークへ登っていくと山頂

    大石ヶ峰へピーク手前の分岐点。ここを左側へ。この左側のピークへ登っていくと山頂

  • 大石ヶ峰山頂の風景

    大石ヶ峰山頂の風景

  • 大石ヶ峰山頂

    大石ヶ峰山頂


  • 大石ヶ峰山頂で記念撮影

    大石ヶ峰山頂で記念撮影

  • 和泉葛城山の展望台付近から見た和歌山側の風景

    和泉葛城山の展望台付近から見た和歌山側の風景

  • 和泉葛城山~犬鳴山への下り途中にある高城山へ通じる入り口

    和泉葛城山~犬鳴山への下り途中にある高城山へ通じる入り口


  • 犬鳴温泉との分岐点。ここを右側へ登っていくと山頂

    犬鳴温泉との分岐点。ここを右側へ登っていくと山頂


  • 高城山山頂の風景

    高城山山頂の風景

  • 高城山山頂

    高城山山頂

  • 高城山山頂で記念撮影

    高城山山頂で記念撮影

今回は和泉葛城山を中心として綿流ノ滝から和泉葛城山山頂付近、和泉葛城山の一等三角点を経て大石ヶ峰へピストン、帰りに高城山へピークハントしました。高城山は前回、犬鳴山の燈明ヶ岳の夜景を見に行ったついでに立ち寄ったのですが、昼間の景色を見に行きました。今回の絶景ポイントは和泉葛城山へあがる途中、渓流歩道から行ける綿流ノ滝でした。実際に見ると迫力満点の滝でした。幻の滝といわれたようです。大石ヶ峰も高城山も樹林に囲まれて展望なしですが、一応、ピークハントしたので撮影しました。

他の山にも登る?

Go TopPage