待兼山

地図はのせませんので独自で調べてください。
  • コースタイム

    9:00弓道場→9:05待兼山山頂(ピストン)

    登:5分時間 下:5分時間

    アプローチ: 阪大の豊中キャンパスへ

  • 弓道場の横の道を登って行く

    弓道場の横の道を登って行く

  • 柵がありますが、道としては左側に入れるところがあって、人の踏み後もあります

    柵がありますが、道としては左側に入れるところがあって、人の踏み後もあります

  • さらにいくとまた柵です。よくみると左へも道があります

    さらにいくとまた柵です。よくみると左へも道があります

  • さっきの柵の向こうに道がありますが、3枚目の画像を左にいくと柵をまいてこの中へ通じる道が続いていました。柵の中の左側が道になっているのがわかりますが、ここに通じています

    さっきの柵の向こうに道がありますが、3枚目の画像を左にいくと柵をまいてこの中へ通じる道が続いていました。柵の中の左側が道になっているのがわかりますが、ここに通じています

  • 分岐点です。まっすぐ行くと阪大の豊中キャンパスの正門に行きます。右へ登ると山頂です

    分岐点です。まっすぐ行くと阪大の豊中キャンパスの正門に行きます。右へ登ると山頂です

  • 待兼山山頂の風景

    待兼山山頂の風景

  • こんな山頂の表札までありました。標高115m

    こんな山頂の表札までありました。標高115m


島熊山と同様に、ほとんど遊びです。三角点を調べていると、大阪府豊中市には、また山がありました。阪大の豊中キャンパス内にあるのですが、弓道場からは立ち入り禁止とも書いておらず、道がありました。柵があるものの、柵の向こうにいける道があったり、よくわかりませんでした。

他の山にも登る?

Go TopPage