鴻応山

  • コースタイム

    11:30寺田登山口→12:15鴻応山山頂 ~昼食タイム~ (ピストン)→13:10下山開始→13:40寺田登山口

    登:45分時間 下:30分時間

    アプローチ: 電車の場合、JR京都線(東海道本線)茨木駅もしくは阪急京都線・茨木市駅より忍頂寺行きのバス に乗り、忍頂寺で下車して余野行きのバスに乗りかえて西野バス亭で下車。 バス道を少し戻り石灯龍を越した次の道を左折して進んでいくと寺田公民館にたどり着く マイカーの場合、駐車場がないが、名神高速道路・茨木ICより171号線を箕面方面へ進み中河原交差点を右折して県道110号線を 亀岡方面へ向かう。Y字路で県道110号線に入り忍頂寺の方へ向かう。忍頂寺を越えてさらに進むと府道109号線出合があるので 左折して府道109号線で豊野町、余野方面へ進むと西野のバス亭手前(石灯龍の手前の道)を右折。 道なりに進んでいくと寺田公民館がある。 寺田公民館の交差点を左へ行き右手に鴻応山 寺田登山口という道標がでてくるので 従がって右へ向かう。

1枚目の画像は牧集落のコスモス畑から撮った鴻応山です。この山がある付近は私が大阪で好きな剣尾山と同じようにのどかな山村にある山でいい感じです♪しかも、今回はハイキングとコスモス観察とうどんすき鍋の3拍子でした。道しるべがほとんどなく、12枚目の画像のように道ぽくもない道で、赤テープもあまり見えませんので迷いやすいと思います。最初に間違えやすいのが4枚目の画像です。ここは右に行くと道がなくなりますので、左が正解です。続いて、少し登っていくと5枚目の画像のところに出て、ここも間違えやすいです。今度は左に行くと道がなくなりますので右が正解です。そして、しばらく上り続けて15枚目の道しるべのところでようやく稜線に出たといった感じです。山頂は17,18枚目のように木漏れ日に隠れて展望はありませんが、19枚目のように木で作られたテーブルと椅子のような感じのものがありました。阿武山山頂のような感じです。まぁ早速、鍋作り開始♪具材はうどんに、うどん出汁、生卵、アゲ、ネギ、鶏肉。最初は胃袋に負担をかけないために、ポタージュを作って飲みました。そして、うどんすき鍋ができて「いただきます~♪」寒かったせいか、どちらもとても美味しく感じたのと身体が温まりました♪山で食べると何でも美味しいですが、寒い日の鍋やスープは格別ですね^^帰りに牧集落でコスモス畑を見に行ったのですが、ススキとのコラボもありとても綺麗です。私は花にそこまで詳しくありませんがコスモスは大好きです。あと28枚目の画像の花も見かけたので撮影しておきました。

他の山にも登る?

Go TopPage