岩湧山 ススキ

  • コースタイム

    15:00岩湧寺→いわわき道→16:10ダイトレ分岐→16:35きゅうざかコース分岐→16:50岩湧山山頂 →17:00下山開始→17:10きゅうざかコース分岐→18:00岩湧寺

    登:110分時間 下:60分岩湧山からの夜景時間

    アプローチ: ここでの記録のコースは電車の場合、南海高野線もしくは近鉄長野線・河内長野駅より南海バスで神納バス亭で下車。車道をひたすら岩湧寺のほうへ歩いていくと、左手に「ぎょうじゃの道」があり岩湧寺のほうへ進んでいくマイカーの場合は名阪自動車道・羽曳野ICより国道170号線を河内長野方面へ進み、本町交差点を左折して国道371号線で天見方向へ向かう。片添交差点で左折して県道221号線を加賀田方面、さらに岩湧寺のほうへ進んでいく。「ぎょうじゃの道」付近に駐車場がある。岩湧寺より少し道路を登っていくと岩湧山の登山口があり、きゅうざかコースといわわきコースの分岐点がある。

今回は親孝行のために、母を連れていきましたので、いつものきゅうざかコースではなく、一般コースからあがりました。ちなみに、何度もいいますが、岩湧山は私が大阪で好きな山の一つです。今回の目的はススキでしたが、天気は良くないものの、見事なススキでした。母の足に合わせたので、下りは暗くなりきゅうざかコースの途中でヘッドランプを使用しました。途中、ナイトハイキングしている方々と会いました。どうやらお月見するためのナイトハイキングで岩湧の森にある四季彩館の職員さん達のようでした。ナイトハイキングで夜景だけじゃなく、お月見ナイトハイキングって手もあった!と思いました。「また上へどうですか?」と冗談ぽく言われましたが、私一人だったら間違いなく着いて行った思います(笑)

他の山にも登る?

Go TopPage