堂屋敷

  • コースタイム

    15:00道路、関電道No33と34の間15:00→15:10鉄塔No34→15:15堂屋敷山頂→15:30道路、関電道No33と34の間

    登:10分時間 下:10分時間

    アプローチ: このコースだとマイカーのみ、大阪方面からだと新御堂筋の終点まで行き、箕面有料道路に入らずに側堂を登るとT字路府道9号線に出る。右折して勝尾寺方面へ向かい、府道4号線に入る(道路標識に従がって行く)。府道4号線をそのまま登っていき、勝尾寺を越えると府道43号線出合で右折して、北摂霊園のほうへ向かうとトンネル手前で左折。箕面川ダムを経て登っていくと右側に「みのおエキスポ記念の森」がある。電車の場合、阪急箕面線・箕面駅より箕面の滝より石子詰分岐で三国岳に登り、五月山の分岐点よりエキスポ記念の森の道標がある(箕面山~三国岳~六個山を参照)。「みのおエキスポ記念の森」からさらに登ると、何箇所か道路わきに関電道があるので、火の用心を確かめてNo33と34の間のところより鉄塔No34へ登る。鉄塔No34からピークへ登ると堂屋敷山頂。(画像参照)

  • エキスポ90みのお記念の森

    エキスポ90みのお記念の森

  • 道路より関電道の鉄塔No33と34の間から登ります

    道路より関電道の鉄塔No33と34の間から登ります


  • 火の用心 No33と34の間

    火の用心 No33と34の間

  • 鉄塔No34までひたすら階段です

    鉄塔No34までひたすら階段です


  • 鉄塔No34が見えました

    鉄塔No34が見えました

  • 鉄塔No34に二つあって、このままNo35の鉄塔へ行く道がありますが、堂屋敷山頂は左側の鉄塔の中へ

    鉄塔No34に二つあって、このままNo35の鉄塔へ行く道がありますが、堂屋敷山頂は左側の鉄塔の中へ

  • 左側の鉄塔の中から細いですが、ピークへ登る道があります。ここを登ります

    左側の鉄塔の中から細いですが、ピークへ登る道があります。ここを登ります

  • 鉄塔より登っていくと、ちょっと荒れていますが、道らしき場所になっています

    鉄塔より登っていくと、ちょっと荒れていますが、道らしき場所になっています

  • 堂屋敷山頂風景

    堂屋敷山頂風景



  • 堂屋敷の三角点

    堂屋敷の三角点

箕面の山で三角点があるのは、この堂屋敷と勝尾寺南山といわれています。この日は用事で近くまできましたので、堂屋敷もピークハントして立ち寄ってきました。ここはエキスポ90箕面記念の森からもすぐなので、ついで寄って行くみたいな形がいいかもしれません。基本的にこの辺の関電道で鉄塔No34に行けばOKです。鉄塔No34からピークのほうへ向かいますが、少しわかりにくいので画像を見ておいてください。

他の山にも登る?

Go TopPage