梵天山

  • コースタイム

    12:00紀泉わいわい村→12:40電波塔→12:50梵天山山頂→13:10梵天山展望台 →13:30下山開始→14:00紀泉わいわい村

    登:約45分時間 下:約25分時間

    アプローチ: 電車の場合は、JR阪和線・和泉砂川駅、南海本線樽井駅より泉南市コミュニティバスの山周り線(つづら畑行)で童子畑バス亭下車。ただし、本数が少ないので時刻要確認。マイカーの場合、阪和道・泉南ICより泉佐野岩出線に入り堀河ダムへ向かう。泉南ICより紀泉わいわい村への案内看板があるので従がっていくのもよい。紀泉わいわい村の駐車場よりさらに奥の道へ進んでいくと梵天山登山口がある。注意:松茸シーズンの9月中旬から11月末まで入山禁止になっているようです。

  • 紀泉わいわい村よりお菊山付近を見る

    紀泉わいわい村よりお菊山付近を見る

  • 紀泉わいわい村の入り口と駐車場

    紀泉わいわい村の入り口と駐車場




  • 梵天山の登山口

    梵天山の登山口



  • しばらく沢筋に沿ったなだらかな登りが続く

    しばらく沢筋に沿ったなだらかな登りが続く



  • 梵天山のピーク付近が見えてきました

    梵天山のピーク付近が見えてきました

  • 梵天山のピークが見えてから沢を渡ってからの登り。ここは道が荒れていました

    梵天山のピークが見えてから沢を渡ってからの登り。ここは道が荒れていました


  • 電波塔のところに出た。ここを出て左へ行くとすぐ道路があります

    電波塔のところに出た。ここを出て左へ行くとすぐ道路があります

  • この道路より左へ行くと展望台、右の根来寺のほうへ行くと途中で左側より梵天山の山頂へ

    この道路より左へ行くと展望台、右の根来寺のほうへ行くと途中で左側より梵天山の山頂へ

  • さっきの道路を右の根来寺のほうへ100mほど歩いていくと梵天山の山頂へ通じる道があります。ここを左へ登っていくと山頂です

    さっきの道路を右の根来寺のほうへ100mほど歩いていくと梵天山の山頂へ通じる道があります。ここを左へ登っていくと山頂です

  • ここを登っていきます

    ここを登っていきます

  • 梵天山の山頂風景と三角点

    梵天山の山頂風景と三角点

  • 記念撮影

    記念撮影


  • 梵天山の展望台

    梵天山の展望台




  • お菊山の稜線

    お菊山の稜線







以前は夜景を見に行ったのですが、どうも街から遠いのと山々がたくさん見えるようなので、昼間に行ってみました。紀泉わいわい村から、梵天山の登山口は松茸シーズンの9月中旬から11月末まで入山禁止になっているようです。最初は沢筋に沿ってなだらかな登りです。上流付近より、梵天山のピークが見えてきますが、ここからの登り道が荒れていました。急斜面な上に階段は土で埋まっていて、かなり歩きにくかったです。電波塔、道路にでる200mほど手前にはロープがあります。電波塔のところに出ると左側の道路のところに出ます。この道路は和歌山県の根来寺に通じていて、ここまで車でこれますがかなり道が荒れています。道路に出て左が展望台、右が山頂に通じていますので、まずは山頂へ向かってから、展望台へ行きました。展望台からは夜景と違い、お菊山をはじめ、紀泉アルプスの山々が見え、淡路島の山々や六甲山、明石海峡大橋、南側は和歌山まで一望できます。やっぱり、紀泉の山々はいいですね!

他の山にも登る?

Go TopPage